logo-mail

資料請求・
導入のご相談

セミナー・臨床情報など
Jeisys最新情報をお届けします

alert

掲載情報に関する重要なお知らせ

一覧に戻る
小野 泰寛 先生(ゴリラクリニック)

29歳男性のアゴのたるみ・フェイスライン改善治療(症例写真Q-14)

ウルトラセルQプラスを用いたを用いた男性のフェイスライン治療の症例写真14
Before:施術前/After:施術後

臨床提供医コメント

フェイスラインの引き締め・小顔で受診した29歳男性。リニアファームとの併用も検討したが、年齢・性別的にも脂肪によるたるみは認められずドットにて照射。初回・男性のためJは標準的な照射とした。頬のたるみ・アゴの引き締まりを実感いただく。

本ページの情報は医師および医療従事者向けの臨床情報であり、臨床先施設の施術プランおよびその効果を案内するものではありません。

提供元情報

臨床提供医小野 泰寛 先生
臨床施設ゴリラクリニック

プロトコル

カートリッジDot 1.5 / Dot 2.0 / Dot 3.0 / Dot 4.5
エネルギー0.3J / 0.3J / 0.6~0.7J / 0.9J
ショット数430~506shots
施術回数1回

関連製品情報

たるみ治療の定番「ウルトラセルQプラス」

全顔8分の高速照射を実現した驚異のHIFUマシン。8種のカートリッジで顔~ボディパーツまでカバーします。

詳細はこちら

ご参考:臨床に用いた当社製品の日本における本製品の取り扱いについて

ULTRAcel Q+は未承認医薬機器に分類され、当社(Jeisys Medical Inc.)は医師の要請により輸出するものです。(医師の個人輸入)なお、同一の成分や性能を有する他の日本国内承認医薬品等はありません。安全性等に係る情報については、当該製品ページをご参照ください。