logo-mail

資料請求・
導入のご相談

セミナー・臨床情報など
Jeisys最新情報をお届けします

alert

掲載情報に関する重要なお知らせ

image01

業界初のドラッグデリバリー機構を搭載したニードルチップで治療の可能性が広がる新発想デバイス。

業界初のドラッグデリバリー機構を搭載したニードルチップで治療の可能性が広がる新発想デバイス。

業界初のドラッグデリバリー機構を搭載したニードルチップで治療の可能性が広がる新発想デバイス。

すべての肌タイプ、
あらゆる症状に幅広く適応

POTENZA(ポテンツァ)は、RFエネルギーをマイクロニードル先端から出力する医療機器です。従来の創傷治癒過程の作用しか得られないローラー型ニードルやニードルペンとは異なり、熱作用による効果も同時に期待できるため、一度の治療で得られる患者様のメリットを高めることが可能です。 C-IPLやNd:YAGレーザー等のエネルギーベースの機器とは異なり、色素に反応することなく熱作用によって効果を得るマイクロニードルRF「POTENZA(ポテンツァ)」は、すべての肌タイプ、あらゆる症状にアプローチできる“診療室で埃を被らせない”高パフォーマンス医療機器として活用できる魅力的な1台です。

製品特長

満足度の高いニキビ跡治療が
提供できる

コーティング針で表皮の熱ダメージ0
高出力でもダウンタイムが短く治療効果を受けやすい

POTENZA(ポテンツァ)のマイクロニードルはRFエネルギーの熱ダメージから表皮を守るため、先端部*1以外は熱を通さないコーティングを施しています。また、従来のフラクショナル治療やマイクロニードルとは異なり、針を刺しても凝固作用による高い止血効果でダウンタイムの大幅な短縮化を見込めるため、治療選択肢として選びやすい・選ばれやすい、高出力治療が検討できる可能性の高い医療機器です。

2タイプのコーティング針
I-TIP:表皮へのダメージリスク、PIHなどの副作用リスクが低い・ニードルによるエネルギーのオーバーラップがない/S-Tip:均一な熱影響・マイルドなエネルギー照射・少ない痛み・短いダウンタイム(12~24時間)

針穴に、均一に、薬剤浸透
薬剤相乗効果が得られやすいドラッグデリバリー機構搭載

ニキビ跡治療やスキンリジュビネーション治療における薬剤併用ニーズは、医師・患者様双方から高いニーズがあるものの、従来の治療法では浸透効率を無視したデバイスが用いられています。POTENZA(ポテンツァ)の針穴に均一に薬剤を浸透させるポンピング機構付ニードルチップは、薬剤相乗効果を追求した患者様本位の治療に貢献します。

ドラッグデリバリー機構搭載の
ポンピングチップ

ポンピングチップには穿刺時に肌に陰圧をかけ、その後の陽圧によって薬剤を均一に浸透させる独自機構が搭載されています。

CP-21チップ説明:STEP1ニードルが挿入され空気が流れ込む・STEP2皮膚が押し上げられ正確に挿入される・STEP3モノポーラRFを照射・STEP4針を抜去する時に空気が押し出される・STEP5陰圧によって薬剤が押し込まれる CP-21チップ説明:STEP1ニードルが挿入され空気が流れ込む・STEP2皮膚が押し上げられ正確に挿入される・STEP3モノポーラRFを照射・STEP4針を抜去する時に空気が押し出される・STEP5陰圧によって薬剤が押し込まれる
  • ・ターゲットへの正確な挿入
  • ・均一なエネルギー分布
  • ・高密度な21本のニードル
  • ・正確で均一な注入
  • ・少ない痛み
  • ・RFとのコンビネーションによる相乗効果

ポンピングチップの有用性

液だまりが見られるメソガンや薬剤浸透の見られない従来のニードルRFチップでは実現しえない均一な層への的確な浸透がみられます。

一般的なマイクロニードル
一般的なマイクロニードル、マルチインジェクターとCP21 チップの比較均一・性格・安全なデリバリーを実現します
一般的なマイクロニードル、マルチインジェクターとCP21 チップの比較均一・性格・安全なデリバリーを実現します
CP21(またはC-Tip)
一般的なマイクロニードル、マルチインジェクターとCP21 チップの比較均一・性格・安全なデリバリーを実現します
均等・正確・安全なデリバリー
マルチインジェクター
(メソセラピー用)
一般的なマイクロニードル、マルチインジェクターとCP21 チップの比較均一・性格・安全なデリバリーを実現します

ニキビ跡治療の改善力が高まる
PLLA製剤も導入できる

これまで肉芽腫リスクから敬遠されがちだったPLLA製剤も、POTENZA(ポテンツァ)専用に開発した粒子の細かいMcCoom(マックーム)ならリスクの大幅低減が可能です。

MCCOOM(PLLA)

ポンピングチップには穿刺時に肌に陰圧をかけ、その後の陽圧によって薬剤を均一に浸透させる独自機構が搭載されています。

McCoom(マックーム)製品イメージ
McCoom (52mg/vial)
Substance Composition(mg) Portion(%)
PLLA(30㎛) 21.0 41%
CMC 13.2 25%
Mannitol 17.8 34%
Total 52.0 100%

McCoomとPOTENZAの併用治療

ポンピングチップには穿刺時に肌に陰圧をかけ、その後の陽圧によって薬剤を均一に浸透させる独自機構が搭載されています。

ニードルにより皮膚に損傷を与え創傷治癒、モノポーラRF照射による引き締め&組織再生、PLLAドラッグデリバリーによる組織ボリュームの増強反応の活性

PLLAとは

PLLA(Poly-L-Lactic-Acid)は医療分野でも使用実績が豊富な生分解ポリマーで、人体内部では数ヶ月~約2年かけて水分と二酸化炭素に分解される成分です。皮下に注入することで真皮コラーゲンの産生を促進させるため、人体に拒否反応や免疫反応を起こしません。なお、McCoom(マックーム)以外の市場に流通しているPLLA製剤は分子量が大きくPOTENZAでの導入は推奨しておりません。

STEP1:PLLA治療前・STEP2:PLLA+水分の充填によって直後は一時的なボリュームアップ・STEP3:数日で水分は体内に吸収される・STEP4PLLAが分解されると同時にコラーゲンの産生を促進・STEP5:6週間後の肌の状態 STEP1:PLLA治療前・STEP2:PLLA+水分の充填によって直後は一時的なボリュームアップ・STEP3:数日で水分は体内に吸収される・STEP4PLLAが分解されると同時にコラーゲンの産生を促進・STEP5:6週間後の肌の状態
  • 1.PLLA(Poly-L-Lactic-Acid)
  • ・生分解ポリマーである
  • ・生体に拒否反応が起こらない
  • ・免疫反応が不活性である
  • 2.長年にわたる医療分野での使用実績
  • ・溶解性縫合糸
  • ・骨接合用ネジ
  • ・顔面注入用製剤

新たな理論で肝斑・酒さに
アプローチできる

メラノサイトを破壊しない
肝斑をつくらない肝斑治療

従来のトーニング治療では、弱い出力で穏やかに色素排出を促すことで肝斑改善を狙うため、高い効果を実感される患者様がいらっしゃる一方で、医師の経験値に関係なく悪化のリスク・白斑リスクが表面化する患者様もいらっしゃる治療法だと考えられています。POTENZA(ポテンツァ)の肝斑アプローチなら、炎症を引き起こすサイトカイン「メラノジェネシス」を抑制することで<肝斑を作らない肌づくりを目指す>という全く新しい切り口で、従来の治療で効果が得られなかった患者様にも肝斑改善の可能性が拓けます。

POTENZAによる肝斑治療の症例写真

血管新生を減少させる
酒さ(赤ら顔・紅潮)へのアプローチを実現

POTENZA(ポテンツァ)の開発において、ケラチノサイトの増殖と血管新生の関係に着目し、ケラチノサイト増殖を促すVEGF関連因子に働きかけるパラメータを特定*しています。これは従来の「今ある血管の消失(焼失)治療では再発はやむを得ない」と考えられてきた従来のレーザー治療法とは異なる、血管新生を抑制することで再発も防ぐ紅潮(酒さ・赤ら顔)治療法として、患者様へ新たな提案が可能になります。

POTENZAによる赤み改善治療の症例写真​

*本機に関する詳細な説明をご希望の方はお問い合わせください

多彩なチップとモードで治療領域が広がる

13種のチップを差し替えるだけで治療領域が広がります

ニードルの長さや本数、絶縁コーティング方法など豊富なバリエーションで、特性を活かした効果的な治療をサポートします。

POTENZAチップラインナップ POTENZAチップラインナップ

4つのモードで最適治療をサポート

POTENZA(ポテンツァ)は、RFの特性を十分に活かすためにバイポーラ/モノポーラ、1MHz/2MHzの出力方法から自由に組み合わせ選択ができる柔軟な設計により、患者様の肌の状態と期待する作用を考慮した最適な治療が行えます。

バイポーラ:正確なターゲティング&アグレッシブな施術・凝固作用

モノポーラ:ディープ&ワイドな施術エリア・痛みがマイルド・組織変性
バイポーラ:正確なターゲティング&アグレッシブな施術・凝固作用

モノポーラ:ディープ&ワイドな施術エリア・痛みがマイルド・組織変性

患者様ニーズ例

  • ・ニキビ跡を改善したい
  • ・ニキビを治したい
  • ・肌質や毛穴、小じわを改善したい
  • ・妊娠線を改善したい
  • ・肝斑を改善したい
  • ・赤ら顔を改善したい

安心機能

Real-time Impedance monitoringtechnology(特許出願中)

POTENZA(ポテンツァ)には治療部位に正確なエネルギー照射を行うために、体内抵抗値をリアルタイムでモニタリングするRIM technologyを搭載しています。この機能によって、非搭載機では最大20%前後する照射エネルギーを自動的に調整し、予期せぬ火傷リスクを未然に防ぎます。

皮膚の抵抗を速成し、最適なエネルギー照射を可能にしたReal-地目Impedance monitoringtechnology 皮膚の抵抗を速成し、最適なエネルギー照射を可能にしたReal-地目Impedance monitoringtechnology

Omni distribution RF Technology

POTENZA(ポテンツァ)の多針ニードルなら、RF照射部位に均一に熱エネルギーを分散するDual generator & innovative needle array を採用しています。

均一な熱伝導を実現したOmni distribution RF Technology 均一な熱伝導を実現したOmni distribution RF Technology

快適機能

15インチ大型タッチパネル採用

直感的に操作できる画面構成で、スムーズな治療を実現します。

Omni distribution RF Technology Omni distribution RF Technology

カートには便利な収納棚付

カート前面に製剤やチップなど施術時に使用する細かなものが置ける小物置きを搭載。

針に触れずにチップ装着可能

チップ装着時の思わぬ事故を防ぐために、ハンドピース装着完了まで針先に触れる可能性を排除したパッケージでお届けします。

よくある質問

  • 日本人医師の導入事例はありますか?
    ございます。現在も多くの先生方からお問い合わせいただいております。本サイトからお問い合わせいただければ、受付からご納品後のサポートまですべて日本語で対応しておりますのでご安心ください。
  • 問い合わせから何日ぐらいで連絡はもらえますか?
    お問い合わせいただく時間帯や受付状況にもよりますが、3営業日以内にご連絡させていただいております。(土日等の休業日を除く)
  • 製品説明はどこで受けられますか?
    ご要請に応じてご希望の場所までお伺いさせていただきます。またお急ぎの方や感染症対策等で直接のお打ち合わせをご希望されない場合には、zoomでのオンラインミーティングもお選びいただけます。まずはお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。
  • 購入方法を教えてください。
    導入予定国によって導入手順が異なります。お手数ですが、まずはお問い合わせください。
  • 手続開始から何日後ぐらいから診療に使えますか?
    多くの先生方は、おおよそ2ヶ月~3ヶ月後の診療開始をイメージされてご導入いただいているようです。
  • 施術が受けられるクリニックはどこにありますか?
    申し訳ございません。当社では施術を受けられるクリニックのご案内は行っておりません。臨床情報提供元については、各臨床データページに記載しております。

主な仕様

本製品は100V接地極付コンセントでご
使用いただけます

SYSTEM SPECIFICATIONS
RF TYPE Bipolar / Monopolar
Power Max 50 watt
Frequency 1Mhz ~ 2Mhz
Repetition Rate 0.5 ~ 3.0 sec (0.1 sec /step)
Needle Thickness 0.25mm
Adjustable Depth 0.5 mm ~ 4.0 mm (0.25 mm/step)
Treatment Duration 5~990ms (5ms/step)
Electrical Power 100~240V , 50/60Hz, 500VA
Dimension 503.2 x 365.6x 316mm (incl. cable stand: 550 x 701 x 366mm)
Weight Approx.9.5kg
Cart (optional) Type 1: 478 x 482 x 967 mm,32.26Kg
Type 2: 478 x 457 x 833 mm, 22.2Kg